お知らせ | 宇都宮を中心に脳梗塞のリハビリをサポート!

お知らせ

脳リハ便り01

2018.07.04

はじめまして。理学療法士の大久保と申します。このホームページをご覧の方々は、もちろん健康に気を使っていらっしゃる方々だと思います。今、TVやインターネットで健康番組や情報が溢れんばかりですが、意外と解説がいまひとつわからないといったものが多いようです。解説される方は専門家ですので、良かれと思い詳しく解説しがちなようですが、一般の方は「ぶっちゃけどういうこと?」という反応をされます。私も新人の頃から、患者様から「主治医の先生は詳しく説明してくれるのだけど、何だかわからなかった。」という声をよく耳にしました。恐れ多いのですがその「ぶっちゃけどういうこと?」をなるべく専門用語や専門の言い回しを使わないでご紹介できたらと思っています。宜しくお願い致します。

さて、脳梗塞のリハビリというからには一番初めに浮かんでくるのは血圧の話。皆さんの中にも血圧の薬を飲んでいる方は結構いらっしゃると思います。一つ誤解されているなぁと感じるのは『薬を飲んでいるから大丈夫』という過信です。私の父も脳梗塞を3回繰り返したのですが、「血圧の薬を飲んでいるからいいんだ!」と言い張り、酒、タバコ、塩辛いもの好きといったトリプルAの不健康生活習慣はやめませんでしたねー。薬は補助的なものと考えた方が良いです。薬で体質は変わりませんよ。医師をはじめ、私達医療技術者は口をそろえて生活習慣を変えましょうと言いますが、生活習慣ってなかなか変えられないものですよね。私事ですが、先日リハビリ学校の同窓会に参加したところ、20人程でしたが、約半数が血圧の薬を飲んでいました。専門職がこれですもの、皆さんと変わりません。でも何かを変えるには大きく習慣を変えなきゃいけないのは、皆さん良くわかっていらっしゃるんですよね。全部とは言いません。これやっちゃまずいよなーという習慣のまず1つを改めてみませんか?

塩分摂り過ぎが高血圧の原因と一般に考えられていますがこんな具合です。塩辛いものを食べると喉が渇きます→薄めるため水分をいっぱいとります→全身に回すため血液量が増えます→血管容量は限られているため、庭の水まきの時の水道のホースのようにパンパンに膨らんできます。メカニズムはもっと複雑なようですがこう考えると分かりやすいですよね。1回2回の塩分の摂り過ぎなら身体の調節機能で塩分は排出されますが、毎食塩分を摂り過ぎていたら・・・やっぱりまずいですよね。ただ、高血圧の原因は塩分だけではなく、遺伝、酒、タバコ、ストレスetc., いろいろ絡んでくるようなので医師の説明が、丁寧な先生程わかりづらくなるようです。

次回より私達理学療法士の仲間たちがやっている「じゃあどうしよう」という情報をお伝えしていきます。ではまた!

脳梗塞リハビリステーション宇都宮の 改善へのこだわりを無料体験で実感して下さい。

  • 028-612-4172 受付時間:月~金 9:00~18:00
  • 体験利用のお申込み
  • 無料カウンセリング

お悩み別メニュー

  • 痛みがある
  • 足があがらない
  • 立てない
  • 痛みがある
  • 腕・手が動かない
  • すぐ転ぶ
  • 痺れがある
  • 飲み込みが悪い
  • 言葉が出ない
  • スポーツに活かしたい

疾患別メニュー

  • 脳血管疾患
  • パーキンソン病
  • 小脳疾患
  • 骨折
  • 認知症
  • 糖尿病
  • 脊髄損傷
  • 筋挫傷/炎症
  • 呼吸器疾患
  • 鍼灸
  • 理学療法士による施術
  • 作業療法士による施術
  • 言語聴覚士による施術