お知らせ | 宇都宮を中心に脳梗塞のリハビリをサポート!

お知らせ

コロナ禍における眼精疲労解消のツボ

2020.08.30

皆さん、こんにちは!鍼灸師の関矢です。

今日は、「眼精疲労」についてお話します。眼精疲労と聞くと、目の疲れを想像する方が多いと思いますが、疲れ目だけではなく、頭痛、首・肩のこりや不眠など様々な症状を伴うことがあります。これらの原因は、目の使い過ぎと考えられていますが、近年では、パソコンやスマートフォンなどの急速な普及により、発光するものを、近距離で長時間凝視することが主な原因の一つであると考えられています。コロナ禍の中、在宅ワークなどで、パソコン画面を長時間見る方も増えており、眼精疲労でお困りのケースが増えていくものと思われます。

 

それでは、パソコンの使用などによる眼精疲労が起こるメカニズムを簡単にご説明します。目のピント調節は、自律神経により行われ、遠くを見るときは交感神経、近くを見るときは副交感神経が働きます。パソコンでの仕事を例にとると、仕事中で交感神経が高まっている状態で、近くのモニターを見ることで副交感神経も働くため、自律神経のバランスの崩れを引き起こします。また、涙は副交感神経で分泌されますが、交感神経の働きが強いと涙の量が減少し、ドライアイとなって眼精疲労を助長することになります。また、パソコンモニターを見る姿勢は、物を良く見ようと無意識に頭を前に出し、固定しようとするため、首や肩の筋肉が緊張し、コリの原因にもなります。

 

簡単な対処法ですが、眼精疲労を感じたら、蒸しタオルなどで温めることで、目の周囲の緊張した筋肉を緩め、血流が良くなり、症状が緩和されるでしょう。一方、目に充血があったり、炎症があったりする場合は症状を悪くするので温めるのはやめましょう。

 

眼精疲労に効果があるとされるツボをご紹介します!
ツボ押しのコツですが、①から③は、人差し指と親指で同時に押します。いずれも痛気持ちいい程度で、強く押しすぎないように注意しましょう。眼球は押してはいけません。

 

① 晴明(せいめい)
目頭と鼻の骨の間あたりにあるくぼみ。

② 攅竹(さんちく)
眉毛内端にあるくぼみ。

③ 絲竹空(しちくくう)
眉毛外端にあるくぼみ。

④合谷(ごうこく)
人差し指の手のひらにある骨のまんなか。
人差し指と親指の間にある水かきから骨に向かって、反対の手の親指の先で押す。

 

⑤風池(ふうち)
後頭部の毛の生え際。耳の後ろにあるでっぱった骨から、少し内側にあるくぼみ。左右をそれぞれ親指で、反対の眼球に向かって押す。

 

 

 最後になりますが、新型コロナウイルス感染症をはじめ先行き不安な生活の中、身体的、精神的にもストレスを感じることが多いかと思います。鍼灸による施術は、首や腰の痛みなどの改善はもちろん、自律神経を整える効果もありますので、「なんか不調だなぁ」などと感じた際には、お気軽にご連絡ください。鍼灸体験も実施中です。よろしくお願いします。

 

 

LP鍼灸院(脳梗塞リハビリステーション宇都宮内)の詳細はこちらまで★

皆様のご連絡お待ちしております!

☎ 028-612-4172

脳梗塞リハビリステーション宇都宮の 改善へのこだわりを無料体験で実感して下さい。

  • 028-612-4172 受付時間:月~金 9:00~18:00
  • 特別プログラム体験を知る
  • 無料カウンセリング

お悩み別メニュー

  • 痛みがある
  • 足があがらない
  • 立てない
  • 痛みがある
  • 腕・手が動かない
  • すぐ転ぶ
  • 痺れがある
  • 飲み込みが悪い
  • 言葉が出ない
  • スポーツに活かしたい

疾患別メニュー

  • 脳血管疾患
  • パーキンソン病
  • 小脳疾患
  • 骨折
  • 認知症
  • 糖尿病
  • 脊髄損傷
  • 筋挫傷/炎症
  • 呼吸器疾患
  • 鍼灸
  • 理学療法士による施術
  • 作業療法士による施術
  • 言語聴覚士による施術