パーキンソン病 | 宇都宮を中心に脳梗塞のリハビリをサポート!

パーキンソン病

パーキンソン病

目次

【パーキンソン病 (Parkinson’s disease) とは】

【パーキンソン病 (Parkinson’s disease) とは】

パーキンソン病は、アルツハイマー病の次に多い神経変性疾患(脳神経など、特定の神経細胞の働きが悪くなってしまう病気)であり、日本では約10~15万人(発症率:1000人に1人)の患者さんがいると推定されています。

パーキンソン病は、脳の大脳基底核という部分で運動の指令を伝える神経伝達物質「ドーパミン」が減少することにより起こるとされています。ドーパミンが減少するメカニズムは未だ十分に解明されていませんが、加齢や脳の何らかの変化や一部は遺伝子異常などが考えられています。前述した大脳基底核は、身体の運動をスムーズに行うという役割を持っています。これが障害されるためパーキンソン病では「4大症状」といわれる特徴的な運動症状が見られます。

・振戦(しんせん)        じっとしている時に手足がふるえる。
・動作緩慢(どうさかんまん)   無動。動作がゆっくりになる。動けない。
・姿勢反射障害          前かがみになりやすい。バランスをくずしても立ち直れず転びやすくなる。
・筋固縮(きんこしゅく)     全身の筋肉がこわばる。

運動症状以外としては、①睡眠障害、②自律神経症状、③認知機能障害、④精神症状、⑤臭覚障害、などが挙げられます。

【パーキンソン病の改善方法とは】

パーキンソン病の主な治療法は2つで「薬物療法」と「リハビリ」です。薬物は不足したドーパミンを補充する方法で、専門の神経内科にて処方されます。リハビリの目的は「症状を軽減すること」と「症状の進行を遅らせる」ことです。主な方法を下記に上げます。

・リラクゼーション 筋固縮の軽減を目的に行います。
・ストレッチ    こちらも筋固縮の軽減目的です。
・筋力強化運動   動きづらさから筋力低下につながるので強化運動を行います。
・歩行練習     すくみ足や小刻み歩行の改善を目的とします。
・生活動作練習   日々の生活を支障無しに行える事を目的とします。
・構音、嚥下練習  安全に食を楽しむことを目的とします。

【堀尾法というリハビリ方法について】

当施設では堀尾憲市さんという、ご自身が片麻痺から復活され自ら考案された堀尾法というリハビリ方法をとり入れています。

堀尾さんは全国多数のパーキンソン病にお悩みの方を改善させてきました。たとえば振戦は手足だけではなく頭部もふるえることがありますが、その場でそのふるえを止めることが可能です。また、すくみ足で歩きだしの1歩目がなかなか出ない方の足の出し方や、さまざまな日常生活動作上の動きの改善方法などが考案されています。

脳血管障害の片麻痺も、パーキンソン病も脳に起因する疾患なのでアプローチは十分可能だというお考えから具体的なリハビリ方法を提示されています。当施設でも本アプローチにより何名かパーキンソン病の方がご来所され改善に向かわれています。

【当施設でのパーキンソン病の改善症例】

50才代後半の男性。東京で生活されていたが実家(宇都宮)のご両親の介護の為、帰省中に症状があらわれる。医療機関での診察を受け、検査の結果はパーキンソン病の発症という診断。内科や脳神経外科など、いくつかの診療科にて専門医から診療をされます。その後、投薬治療のみでは改善されず当施設でのリハビリを希望されました。

1.開始時
身の回り動作は可能だが動作開始までは時間がかかりストレスを感じていました。歩行はすり足歩行で、つまずきやすく屋外も可能だが、転倒の危険性が大きかったです。その他目を閉じると開けづらく、まばたきがスムーズにできないという症状もありました。

2.当施設でのリハビリを経て
当施設で施術を開始、堀尾法をはじめとしたアプローチを行い、まず全身の緊張を緩和させ、動きだしやすさを体感していただき、起き上がり、立ち上がりがスムーズになりました。すり足歩行も膝が上がりやすくなったため改善が見られています。また目が開けられない症状も堀尾法で改善しました。諸症状の改善に大変満足されています。

【理学療法士からのメッセージ】

理学療法士 大久保 利彦

理学療法士 大久保 利彦


パーキンソン病のリハビリですが、現状の病院でのリハビリは、私が在籍していた経験から、症状の進行に抑えることに主眼が置かれているように思います。それも進行性の疾患という(私もかつてそうでしたが)リハビリを提供する理学療法士側の思い込みによるものです。堀尾法をはじめとした当施設で取り入れているリハビリ方法は今現在の困った状態をその場で改善するものです。

パーキンソン病の諸症状でお悩みの方、ご家族の方、ぜひ一度当施設でのリハビリを体験してください。どうぞよろしくお願い致します。

脳梗塞リハビリステーション宇都宮の 改善へのこだわりを無料体験で実感して下さい。

  • 028-612-4172 受付時間:月~金 9:00~18:00
  • 特別プログラム体験を知る
  • 無料カウンセリング

お悩み別メニュー

  • 痛みがある
  • 足があがらない
  • 立てない
  • 痛みがある
  • 腕・手が動かない
  • すぐ転ぶ
  • 痺れがある
  • 飲み込みが悪い
  • 言葉が出ない
  • スポーツに活かしたい

疾患別メニュー

  • 脳血管疾患
  • パーキンソン病
  • 小脳疾患
  • 骨折
  • 認知症
  • 糖尿病
  • 脊髄損傷
  • 筋挫傷/炎症
  • 呼吸器疾患
  • 鍼灸
  • 理学療法士による施術
  • 作業療法士による施術
  • 言語聴覚士による施術